りんとちゃーのブログ

話題のテレビ・映画・小説の感想や日本文化などを中心に記事を書いています。

【2019夏ドラマ】「監察医 朝顔」#9のあらすじと感想

監察医 朝顔#9

前話で親友の結衣が遺体として法医に回されたが、朝顔は動揺から解剖することができなかった。そんな彼女の死因は他殺と考えられ、夫の三郎が疑われることになる。結果、大の親友である朝顔は「彼がそんなことをするはずがない」と強く否定する。仕事に私情を挟むべきではないという理由から、朝顔を含め関係者は担当から外されることになるものの、最終的には朝顔は自分自身で結衣の遺体を解剖すると法医の同僚たちに申し出る・・。

もうすぐ最終回だが、このドラマは他のドラマに比べると少し展開にパンチがかけるかなと思ってしまう。毎話毎話、朝顔親子の過去の震災エピソードが挟まれるのだが、本編を縮小するくらいにまで時間をとるのはどうかと思われる。過去の震災の傷の癒やしを副軸においている点がこのドラマの特徴だから仕方ないかもしれないが、ずっとはじめから視聴している自分にとっては若干お腹いっぱいに思えてしまう。とにかく、次回が最終回になる予定みたいなので、新たな展開に期待したい。

f:id:mitasyn2001:20190911185342j:plain

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村