りんとちゃーのブログ

話題のテレビ・映画・小説の感想や日本文化などを中心に記事を書いています。

読書

【読書感想】【あらすじ】「檸檬/梶井基次郎」

高校時代に電車の中で読んで感銘を受けた記憶のある梶井基次郎の代表短編作。肺疾患という病に臥した境遇から培われた生に対する鋭敏な感性と繊細美ある表現力には心服してしまう。肺結核によって若くして命を落としたことは悔やまれてならない。 檸檬 独特…

【読書感想】【あらすじ】「きみの町で/重松 清」

本屋に行った際、夏の新潮文庫100冊の中に大好きな作家の重松清の新刊があったので、早速購入して読むことにした。この小説はタイトルを表題とした連作短編集である。 【電車が走る】 最初の物語は、お年寄りには子どもが席をゆずらないといけないと分かりつ…

【読書感想】【あらすじ】「また次の春へ/重松 清」

とん汁 東日本大震災を主題にした連作短編の一つ。母親を亡くしたとある家族の父親がつくるはじめてのとん汁。味はいまいちだが心をこめてつくられたそのとん汁は、その後も子どもたちに受け継がれ紡がれてゆく。失恋を経験した姉に、結婚後父と同居した兄に…

【読書感想】【あらすじ】「サブマリン/伊坂幸太郎」

【サブマリン/伊坂幸太郎】 タイトルのサブマリン=潜水艦とはおそらく、人が誰しも抱えるこころの深奥の闇のことをいっているのではないか。普段の生活の中でストレスなどの蓄積によってそれが表出することがある。そこから犯罪が産まれてくる。そういった…