りんとちゃーのブログ

話題のテレビ・映画・小説の感想や日本文化などを中心に記事を書いています。

【2019夏ドラマ】「TWO WEEKS」#最終話のあらすじと感想

TWO WEEKS#最終話 前話の最後で恋人とはなのどちらを助けるかという究極の二択を迫られた結城、有馬の助力により、恋人のほうは彼に任せ自分ははなを助けに行くことになる。その後、柴崎の企みに翻弄されていくのだが・・。はなの手術日が刻一刻とせまり、…

【2019夏ドラマ】「ノーサイド・ゲーム」#最終話のあらすじと感想

ノーサイド・ゲーム#最終話 滝川常務の失脚により新たに常務の座についた脇坂。彼からラグビー部の予算削減を告げられた君嶋GMは、現状の問題になっている蹴球協会の会長を辞任させるように説得をこころみる。優勝に向かって戦うことを誓ったアストロズと同…

【2019夏ドラマ】「凪のお暇」#9のあらすじと感想

凪のお暇#9 ボロアパートに住んでいることを母親に見られた凪・・その場に居合わせていた我聞が二人はもうすぐ結婚するからとその場を繕って難を逃れる。しかし、そのせいで凪と我聞の両家の親の顔合わせをする段取りになってしまう。本当のことを親になか…

【2019夏ドラマ】「TWO WEEKS」#9のあらすじと感想

TWO WEEKS#9 はなの命を救うため結城は久我と密会し、自分の命を引き換えにすること、プロジェクトに邪魔はしないことを約束に取引をもちかける。そんな、密会の現場がマスコミにリークされ、久我は緊急記者会見を開く。そこで彼女が言ったことばは・・。 …

【2019夏ドラマ】「監察医 朝顔」#9のあらすじと感想

監察医 朝顔#9 前話で親友の結衣が遺体として法医に回されたが、朝顔は動揺から解剖することができなかった。そんな彼女の死因は他殺と考えられ、夫の三郎が疑われることになる。結果、大の親友である朝顔は「彼がそんなことをするはずがない」と強く否定…

【日本文化】ホトトギスの告げるもの~知らぬなら 調べてしまえ ホトトギス~

黒と灰色と白を基調とした、いかにもシックなモノクロカラーが特徴のほほとぎすは、カッコウ目カッコウ属の鳥で、別名「卯月鳥」「時鳥(ときつどり)」とも呼ばれています。そんなホトトギスの特徴や、その名前を自身の名にした正岡子規の話、しいては戦国…

【日本文化】花札の11月札の謎~ど根性ガエルに摩訶不思議~

花札の11月(霜月)札に描かれている、小野道風に蛙・柳に燕に関しては諸説があり、その謎めいた絵柄に対する答えが未だにでていないほどです。では、そんな小野道風や、描かれている柳・蛙・燕などについて詳しく調べることにしましょう。 【目次】 ど根性…

【日本文化】奈良の吉野山の歴史~愛し愛されたみよしのの地~

吉野山は奈良県吉野郡吉野町にある山で、毎年大勢の観光客が桜の花見に訪れることで有名です。そんな桜は、地域ごとに下千本、中千本、上千本、奥千本と異なる呼ばれ方をしています。かつて、太閤秀吉(豊臣秀吉)がその美しき絶景を一目見ようと花見にやっ…

【2019夏ドラマ】「ノーサイドゲーム」#8のあらすじと感想

ノーサイドゲーム#8 前話でカザマ商事が森下教授に賄賂をおくってデータを改竄させたことを突き止めた君嶋は、トキワの重役会議で滝川に事の真相を告げる。しかし、滝川はそのことを信じなかったため、君嶋は切り札として森下教授がカザマ社長から賄賂を受…

【お小遣い稼ぎ】スマホでスキマ時間副業

最近ではスマホが急激に普及し、子どもからお年寄りまで持つようになりました。でもそんなスマホも、使いこなせなかったら宝の持ち腐れです。電話・メール・写真などの基本機能はもちろんですが、できれば多様なアプリやサイトを用いて、応用的な使い方をし…

【日本文化】出雲大社と伊勢神宮の違い~日本神話で読み解く世界~

日本の神社の代表格といえば伊勢神宮と出雲大社ですが、ではこの2つの神社の違いは何なのでしょうか。祀られるものや新宮と大社の名称など、世間にあまり知られていない両者の違いを紐解きたいと思います。 【目次】 伊勢神宮はなぜ「新宮」? 出雲大社は参…

【日本文化】お正月の豆知識と雑学~話のネタを召し上がれ~

日本の一大行事であるお正月には、数多くの豆知識・雑学が存在します。あまりにも多すぎて全てを紹介することはできませんが、その中でも知っておいて損はない知識を精選してまとめてました。是非、正月に人が集まったときの話のネタとして使ってみて下さい…

【作曲】【DTM】【オーケストラ】せきべつ

せきべつ 大切な人に対する惜別の情を込めた自作曲です。マイナーキーなので暗くて悲しいメロディーになっています。イントロで主題提示をし、前半部で沸き起こる思い、サビで、もどかしく許容しがたい怒りを表現しています。 youtu.be ▼音源は無料ダウンロ…

【日本文化】秋の七草~早く日の目を見たいな~

1月7日の人日の節句に、無病息災を願って春の七草を用いた粥(七草粥)を食べるのは有名ですが、秋の七草についてはあまり知られていません。おそらく7種類の草の名前をすべて言える人は少ないのではないでしょうか。そんな秋の七草について簡単に学んで…

【日本文化】七夕(しちせき)の節句~故事と伝説のハイブリッド~

7月7日の七夕(しちせき)の節句は五節句のうちの一つで、別名「笹の節句」とか「星まつり」とも呼ばれています。願い事を短冊に書いて笹竹に結び、星を眺めるのが一般的な七夕の過ごし方です。そんな七夕の由来は、以下の三つが混ざり合い結びついたとす…

【日本文化】端午(たんご)の節句~時代とともに移り変わる~

端午の節句(菖蒲の節句)は、現代では男の子の健やかな成長を願う行事(こどもの日)になっています。「端午」の端(はし)とは「はじまり、最初」という意味で、「端午」とは月のはじめの午(うま)の日をさしていました。その後、旧暦の午(うま)の月が…

【日本文化】重陽(ちょうよう)の節句~重なるめでたき日~

9月9日の重陽の節句(菊の節句)は、無病息災を願う五節句の一つとして、日本でも古くから親しまれてきました。でも、最近では馴染み薄くなり知らない人も多いかもしれません。そんな重陽の節句の由来などを簡単に紹介したいと思います。 重陽の節句の由来…

【日本文化】伊勢物語の作者「在原業平」~勉強できなくてもええじゃないか~

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 三十六歌仙・六歌仙の一人とされる在原業平は、昔から美男子の代名詞と言われており、「日本三代実録」には「体貌閑麗 放縦不拘 略才学無 善作倭歌」と記されています。訳すと、「体型も容貌もスマート…

【日本文化】花札「こいこい」の遊び方と役~何事もルールがあるから楽しいんだ~

こいこいとは、花札の競技の一つで、「こいこい」による競技継続の選択があるなどの特徴があります。「こいこい」をして次手を待つことで新たな得点加算を期待できますが、逆に言えば新たな役ができない限りあがることができず、先に相手に役ができてあがら…

【ニュース・世界情勢】香港デモ運動のまとめ

ニュースで報道されている香港のデモ運動。でもなぜこのような反対運動が起きているのかは意外と知られていません。そんなデモ運動が起きている歴史的・政治的理由をまとめてみました。なるべく平易な文章を心がけていますが、多少難しいところもありますの…

【2019夏ドラマ】「凪のお暇」#8のあらすじと感想

凪のお暇#8 自分の目前で号泣した我聞を見た凪は彼の本心を目の当たりにし、今までと違った我聞の接し方に戸惑ってしまう。そんななか北海道に台風が直撃し、凪の実家が被害をうける。凪は早速飛行機で実家に戻るのだが、そこで彼女は母親の内心をよんでコ…

【テレビ】2019夏ドラマまとめ

目次 【監察医 朝顔】 フジテレビ系 月曜21:00~ 出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来 主題歌:折坂悠太『朝顔』 公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/asagao/ のだめカンタービレ主演以来、久しぶり主役を演じる上野樹里。演じるのは死者の遺体…

【日本文化】花札に関する豆知識~つながり広がる知の源泉~

麻雀などよりルールが単純でとっつきやすく、日本の花鳥風月を描いた図柄が特徴の花札は、古くは安土桃山時代の「大正かるた」、ついでは江戸時代の「ウンスンカルタ」と歴史的に日本人に愛されてきました。鑑賞しているだけで優美で、しかも日本の花鳥や旧…

【2018夏ドラマ】「グッド・ドクター」のあらすじと感想

現在放映中の月9ドラマ「監察医 朝顔」で主演女優をつとめる上野樹里が過去に出演していたドラマで、こころに響くハートフルなヒューマンドラマとしても有名であります。お昼の枠の再放送を録画視聴し、全話ではありませんがあらすじと感想をまとめてみまし…

【2019夏ドラマ】「凪のお暇」~名言・名セリフ~

金曜の夜に放送しているドラマ「凪のお暇」の名言・名セリフをまとめました。このドラマは単純な恋愛ドラマでは終わらない恋の駆け引きや苦悩、そして新たな自分へとそれぞれが変容していく過程など見どころが満載です。毎話毎話面白おかしいこまかな演出が…

【お出かけ】天王寺ハルカス「すみっこぐらし展」

すみっこぐらし展 会場:天王寺あべのハルカス4F催事場 天王寺あべのハルカスの「すみっこぐらし展」に行きました。すみっこぐらしは昔、dsゲームなどで遊んでたことがあり、またスーパーの文具売り場などにもグッズが売っていて気になっていたキャラクタ…

【2019夏ドラマ】「TWO WEEKS」#8のあらすじと感想

TWO WEEKS#8 前話の最後で柴崎の手先である人物を殺人未遂容疑で逮捕するが、証拠不十分で釈放となる。また、今回の事件の黒幕である柴崎を追い詰めるため、結城は部下の一人に心理的揺さぶりをかける。そして柴崎もまた、デジカメ動画のコピーがあること…

【読書感想】【あらすじ】「檸檬/梶井基次郎」

高校時代に電車の中で読んで感銘を受けた記憶のある梶井基次郎の代表短編作。肺疾患という病に臥した境遇から培われた生に対する鋭敏な感性と繊細美ある表現力には心服してしまう。肺結核によって若くして命を落としたことは悔やまれてならない。 檸檬 独特…

【2019夏ドラマ】「監察医 朝顔」#8のあらすじと感想

監察医 朝顔#8 今回の物語で解剖することになるのは死因が不明の女性の遺体。解剖をおこなうが、脳の血管に関わる難病のもやもや病の疑いがあるということだけで、詳しい死因は判別しなかった。その後、遺体の夫である人物が妻の死は病院の医療ミスによる…

【2019夏ドラマ】「ノーサイドゲーム」#7のあらすじと感想

ノーサイドゲーム#7 滝川専務が社長の座を奪う機運が高まる中、駐車場反対運動の住民と話し合いの場をもうけた君嶋は、住民から運動の指導者が風間商事のタンカー原油の調査を行った教授であると知る。教授の娘が海外移植手術のために受ける費用を風間商事…