りんとちゃーのブログ

話題のドラマの感想、日本文化に関するまとめ、お出かけ記事などを書いています。

【日本文化】【行事・しきたり】「ひな祭り(3月3日)」に関する雑学・豆知識

    もともと旧暦の3月3日に催されたひな祭り。その時節は自生の桃が花盛りになることから、「桃の節句」と呼ばれていました。しかし、新暦の3月3日は、桃の花の開花時期にはまだ早く、ひな祭りに定番のはまぐりも採ることができません。

    そんなひな祭りの由来や意味などを順を追って学んでみることにしましょう。

由来

    古代中国では、ひな祭りは3月最初の巳の日に行われたことから「上巳節」と呼ばれていました。この日は邪気に見舞われやすい忌み日とされていて、それを祓い清めるために桃の酒を飲んだり、水辺で身体を清めたりしていました(曲水の宴)。ちなみに、桃の酒には魔や穢れを祓う力が秘められているとされ、桃はたわわに身をつけることから生命力の強さの象徴でもありました。

    日本でも古来より穢れを祓い清める目的として、形代(かたしろ)・人形(ひとがた)を海や川に流す流し雛が行われていました。これが室町時代に、公家の女児の人形遊びであるひな遊びと結びついてひな祭りが生まれたとされています。

f:id:mitasyn2001:20200222145229j:plain

 

ひな人形

    女児がはじめて迎える初節句にはひな人形を家に飾ってお祝いします。

    ひな人形は時代とともに豪華になっていった歴史があり、室町時代には立ち雛である室町雛が、江戸時代には座り雛である寛永・元禄・享保雛が、その後、きらびやかな装束をまとった有職雛や写実的・精巧につくられた古今雛が登場し、現在の主流である内裏雛へと変化しました。

    ひな人形という名称や、宮中を模したひな段がらできたのは江戸時代末期からで、豪華なひな人形をひな段に飾れたのは裕福な商家だけでした。ちなみに庶民がひな段飾りをするようになったのは明治時代以降だと言われています。

f:id:mitasyn2001:20200222145246j:plain

 

ひな段

 ひな段は3・5・7段とその大きさは様々ですが、7段飾りでは最上階右側に皇后を模した女雛を、左側には天皇を模した男雛(一対を総称して内裏雛)を飾り、次段から三人官女・五人囃子・随神(左大臣・右大臣)・三仕丁を、残り2段に道具類を順に配置します。

f:id:mitasyn2001:20200222145322j:plain

 

ひな祭りのご馳走

    ひな祭りの日には春の食材を用いた色とりどりのご馳走が並びます。以下にご馳走ごとの意味・由来をまとめましたので参考にして下さい。

◯ちらし寿司 ・・えびの赤は魔除け。れんこんの穴は先を見通すという意味があります。

◯はまぐりの吸い物 ・・この時期には貝類がたくさん採れることから用いられ、二枚貝であるはまぐりは、夫婦和合の象徴とされていました。

◯ひし餅 ・・赤・白・緑それぞれは桃の花・白酒・よもぎを表していて、赤は魔よけ、白は清浄、緑は邪気払いの意味があります。ちなみに、ひし餅がひし形なのは、昔、龍に襲われそうになった娘を助けるために、水草の菱の実を用いて退治したという仏説に由来するとされています。

◯草餅 ・・薬草として古くから用いられてきた草餅は、邪気払いの効果があると言われていました。

◯ひなあられ ・・煎った大豆・黒豆に砂糖をからめて作られるひなあられは、かつてそのはじける音の違いで吉凶占いをしていました。

f:id:mitasyn2001:20200222145305j:plain

 

 

【2020冬ドラマ】「アライブ~がん専門医のカルテ~」#06のあらすじと感想

アライブ~がん専門医のカルテ~#06

 信頼をよせている須藤医師が自分に医療過誤の罪を着せていたことを知った心。そんな事件の真実を明らかにするために、薫は須藤を調査委員にかけるのだが・・。

 今回主軸となったのは、肺にがんが再発したことで来院した男性のエピソードで、彼はがん治療のための入院に対して消極的な態度しか示さなかった。そこにあったのは、新卒で入った会社を辞めてしまったニートの息子の存在で、息子が自立できるようになるまでは父親として迷惑をかけたくないという想いが隠されているようであった。

 また、終盤に父親がまとめたファイルを息子が目にするシーンも非常に印象的で、親子としての会話や交流がなくなってしまい、息子とどう向き合っていけばいいかわからなくなった父親が、不器用ながらも必死に息子のことを考えていた証としての資料ファイルに、心につきささるような感動を覚えてしまった。もちろん、息子も息子なりに父親を支えたいと必死に考えていて、親の期待に応えれなかったことで引きこもりになってしまった彼が、実際にはもう一度父親との関係を修復したいと強く願っていたことにも心打たれた。

 またそれ以外の、同時並行で描かれていた須藤医師の医療過誤の件に関しても、今回物語として進展があり、自身のミスに対してずっと責任を感じていた彼が、謝罪のために薫たち家族のもとを訪れるシーンには、罪と贖罪という大きな主題的答えが提示されたような気がした。

 医療過誤事件に対しての一つの収束を見せ、ある意味で中間完結を迎えたドラマだが、ストーリーとしては中盤ということもあるので、まだ展開として何が起こるか分からず気が抜けなさそうである。

f:id:mitasyn2001:20200221071630j:plain


  ドラマで用いられている主題歌の「はるどなり」を耳コピオーケストラアレンジしました。よろしければどうぞ。

はるどなり/須田影凪【アレンジ】【オーケストラ】


ドラマ情報

「アライブ~がん専門医のカルテ~」

フジテレビ系 木曜 夜10:00~

▼公式サイト▼

主演:     恩田 心  ・・・ 松下 奈緒

        梶山 薫  ・・・ 木村 佳乃

        恩田 匠  ・・・ 中村 俊介

        結城 涼  ・・・ 清原 翔

        夏樹 奈海 ・・・ 岡崎 紗絵

        佐倉 莉子 ・・・ 小川 紗良

        関河 隆一 ・・・ 三浦 翔平

        須藤 進  ・・・ 田辺 誠一

脚本:     倉光 泰子

プロデュース: 太田 大

        有賀 聡

演出:     高野 舞  

        石井 祐介

        水田 成英

音楽:     眞鍋 紹大

主題歌:    「はるどなり」/須田 景凪(unBORDE Warner Music Japan)

 

 

 

【2020冬ドラマ】「知らなくていいこと」#07のあらすじと感想

知らなくていいこと#07

 前話の最後に尾高と関係性を持ってしまったケイト。そんな折、週刊イーストの黒川デスクがインフルエンザの疑いで急遽早退することになり、その穴埋めとしてケイトが抜擢されるのだが・・・。

 黒川デスクが休んだことをきっかけにして、週刊誌のトップ記事の差し替え問題や、連載小説の作家との食事接待、しいては前回不倫報道をした棋士の妻の襲撃事件など、度重なるトラブルの数々に巻き込まれるストーリーに壮絶な出版社の日常性を感じてしまった。特に最後の襲撃事件には、報道するものが取材した関係者によって逆恨みされる可能性があるという、ジャーナリズムの危険な側面を垣間見たような気がした。

 また、アイドルの路チュー写真の記事が、先日のケイトと尾高のキスシーンと微妙にリンクしていたところや、週刊イーストの記者がみせるところどころのユーモラスな会話ややりとりといった演出が、物語にさらなる深みをもたらしているような印象を受けた。

 襲撃事件によって被害者のケイトが注目されたことを利用して、ラストに野中が他の記者に対してケイトの父親が乃十阿であることをばらしてしまうのだが、その行動に野中の人間的な悪辣さを感じずにはいられなかった。自身の父親の真実を明らかにされたケイトが社会の非難・糾弾からどう向き合うのか、先の展開にはまだまだ目が離せなさそうである。

f:id:mitasyn2001:20200220070514j:plain


 

ドラマ情報

「知らなくていいこと」

日本テレビ系 水曜 夜10:00~

▼公式サイト▼

主演:  真壁 ケイト ・・・ 吉高 由里子

     尾高 由一郎 ・・・ 柄本 佑 

     野中 春樹  ・・・ 重岡 大毅

     真壁 杏南  ・・・ 秋吉 久美子

     乃十阿 徹  ・・・ 小林 薫

     岩谷 進   ・・・ 佐々木 蔵之介

脚本:  大石 静

主題歌: 「素晴らしき嘘」/flumpool 

 

【作曲・編曲】【DTM】作曲・アレンジに役立つ基礎知識(音楽理論・コード・オーケストレーション)

    今まで独学で勉強した音楽理論・コード・オーケストレーションなどを少し独特な表現ですが簡単にまとめてみました。宜しければば作曲・アレンジの基礎知識としてお役立て下さい。

コード理論

序論

 作曲をするのであればコードの勉強は絶対に必要です。楽典を学ぶ必要はないかと思われますが、コードはベース・基礎となるものなので、ないがしろにはできません。日本語や英語をしゃべりたくても、基礎語彙がなければ何も伝えられないようなものでしょう。

 コード理論についてすべてを説明するのは難しいので、とりあえずここでは作曲の際につかえるポイントだけをあげてみようと思います。

メジャーコード編

 メジャーコードを考えるにあたり、まず作りたい曲のキーを決めます。キーというのは1オクターブ12音のことで、その中から作りたい・イメージした曲の音程に見合った高さのキーを設定しましょう。初心者の人はシャープ・フラットのないCメジャーかフラット・シャープ一つのF・Gメジャーあたりがいいのではないのでしょうか。

 ここではCを例にあげます。まず、決めたキーを頭にして順にアルファベットを7つ並べて下さい。

f:id:mitasyn2001:20200219070521p:plain

 そして次に、2,3,6音にマイナー(m)を7音にマイナーフラット5(m♭5)をつけます。

f:id:mitasyn2001:20200219150810p:plain

 これがいわゆるダイアトニックコードというものです。Cの曲であればこの7つのコードを伴奏にすれば曲が成り立ちます。さらにいえば、上記のC、F、Gだけでも曲はできます。この3つをとても重要なコードという意味でスリーコードといいます。もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。また、この法則は他のキーでもあてはまるので一度試してみて下さい。例として下にFのダイアトニックコードを書いておきます。

f:id:mitasyn2001:20200219150756p:plain

 ここまでコードを説明してきましたが、作曲するにあたっては各コードを弾けなければ非常に効率が悪いです。また、コード進行理論であるトニック(T)・サブドミナント(S)・ドミナント(D)は絶対に学んでほしいところです。上であげたダイアトニックコード(Cメジャー)で例を示せばトニックがC・Em・Am。サブドミナントがDm・F。ドミナントがG・Bm♭5です。詳しい内容は割愛しますので、気になる方は書籍などでお調べ下さい。

マイナーコード編

    メジャーコードと合わせて覚えておきたいのがマイナーコードで、こちらはやや我流ですが上記のメジャーコードを上手く利用すれば簡単に覚えることができます。

    Amを例にあげると、まずAmを弾いた時(A・C・E)のミドルノート(C)を頭にしたダイアトニックコードをメモ書きします。

f:id:mitasyn2001:20200219153510j:plain

    次に右端二つのコードを左側へスライドさせます。

f:id:mitasyn2001:20200219153522j:plain

    その後、Ⅴの位置にあるEmに対してEを添え書きします。これは、和声的マイナースケールの際に導音を形成するG#を鑑みるためです(Em= E・G・B ➡️E= E・G#・B)。

f:id:mitasyn2001:20200219153539j:plain

    これで簡易的なAmのダイアトニックコードが完成します。作編曲の際にはこの方法で充分まかなえるかと思いますが、厳密に言えばこれでは不完全なので、詳しく知りたい場合はマイナーダイアトニックコードの項を書籍等でお調べ下さい。

コードの種類

 コードの基礎について説明しましたので、ここでは基本のダイアトニックコードを少しお洒落にするコードをお教えします。下の8つを覚えれば作曲の幅が広まり、曲作りもはかどるかと思います。


クリシェコード

f:id:mitasyn2001:20200219071607j:plain

 クリシェは同一コードが続く場合の単調さを回避するために用います。図はCメジャーのクリシェで、ルートノートがC → B → B♭と半音ずつ下降しています。


◯オーギュメントコード(aug)とセカンダリドミナントコード(SD)

f:id:mitasyn2001:20200219150604j:plain

 上図のオーギュメント(5thの増和音)はⅠ→Ⅳ(図ではC→F)のコード間の架け橋として用います。ディミニッシュコードと同様に不安定な緊張感を出すのが特徴ですが、オーギュメントには少し不気味さが加わります。

    下図のセカンダリドミナントはフレーズのアフタクトに使うことが多く、ノンダイアトニックコードになるのが特徴です。少し覚えにくいコードですが、セカンダリドミナントを加えたいコード(図ではAm)の5th(E)のセブンスコード(E7)と覚えてしまうのが楽かもしれません。 


サスフォーコード(sus4)とディミニッシュコード(dim)

f:id:mitasyn2001:20200219150618j:plain

 上図のサスフォーは主にフレーズのラストを少し伸ばしたい時などに用います。不安定な響きが引っ張られて音が解決するのが特徴です。図では吊り上げれたミドルノートが下がって解決しています。

    下図のディミニッシュコード(パッシングディミニッシュコード)は隣り合うコード(CとDm)の間の経過音(パッシング)として2音をつなぐ架け橋としての役割を担い、不安定な緊張感を演出します。


 テンションコード(add)・・・お洒落なジャズ感を出す時に用います。

【例】 Cadd9 C6

マイナーシックスコード(m6)・・・同じフレーズの繰り返しで、1回目と2回目に変化をつける際に用います。

【例】 B♭ → B♭m6

サブドミナントマイナーコード(SDm)・・・通常サブドミナント(Ⅳ)はメジャーコードですが、マイナーコードを用いることも可能です。

【例】 F ⇔ Fm


 

楽器構成

オーケストラ編成

  作曲におけるパート構成は特に決まりなく個人の裁量にまかされるのですが、オーケストラ編成というものは聴き映えがするようなパート分けにはじめからなっているので、初心者の人はこれを参考にして少しづつアレンジしていけばいいと思われます。 

◯ストリングス系・・・バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス
鍵盤楽器・・・ピアノ、シロフォン、グロッケン、ビブラフォン
撥弦楽器・・・ハープ
木管・・・ピッコロ、フルート、オーボエクラリネットバスーン
金管・・・トランペット、トロンボーンユーフォニアム、ホルン、チューバ
◯打楽器系・・・スネアドラム、バスドラムティンパニ、シンバル、パーカッション 

吹奏楽編成

    オーケストラ編成と一緒に覚えておきたいのが吹奏楽編成で、吹奏楽アレンジをする際には知っておいてほしいところです。ここでは、一般的な編成を例に挙げたいと思います。
◯ストリングス系・・・ストリングバス
鍵盤楽器・・・シロフォン、グロッケン、ビブラフォン
撥弦楽器・・・ハープ
木管・・・ピッコロ、フルート①②、オーボエクラリネット①②③、バスクラリネットバスーン、アルトサックス①②、テナーサックス、バリトンサックス
金管・・・トランペット①②、トロンボーン①②、ホルン①②、ユーフォニアム、チューバ
◯打楽器系・・・スネアドラム、バスドラムティンパニ、シンバル、パーカッション

 

アーティキュレーション

 Finaleなどで楽譜形式の作曲をするのであればアーティキュレーションの使い分けは重要になります。音楽知識として知っておいて損はないので宜しければ参考にしてみて下さい。

f:id:mitasyn2001:20200219072600j:plain

①スタッカート・・・音を短く切るように
②スタッカーティッシモ・・・最大限に短く切って
③アクセント・・・音を強く
④アクセントスタッカート・・・音を強く、かつ短く
⑤山型アクセント・・・アクセントよりも音を強く
⑥山型アクセントスタッカート・・・山型アクセントの音を短く
⑦テヌート・・・音を長く保持して
⑧メゾ・スタッカート・・・音を少し短く切って(スタッカートとテヌートの間)

 

オーケストレーション

 曲のオーケストレーションとして使えるパート(グループ)は以下の6つです。

①主旋律系  【メインメロディー】
    一番聴かせたい骨組みとなるメロディー。

②副旋律系  【サブメロディー】
    メインメロディーのハモリパートして。

③追・対旋律系【チェイスメロディー・オブリガード・コーラス】
 メロディーに対して追随もしくは絡み合うメロディー。 

④重旋律系  【ベース・リズムライン】
 メロディーを引き立てる重低音のベースとして。

⑤和旋律系  【コードライン】
 いわゆるコードパートのこと。

⑤打旋律系  【ドラム・パーカスライン】
 曲のリズムの刻みと雰囲気づくりのための装飾として。

 この6つを基本としてオーケストレーションを組み立てれば比較的上手くいくかと思います。

 

コードの割り当て

主和音での割り当て 

    例として、Cメジャーキーの曲に対してのコードの割り当てについてご紹介したいと思います。コードをつけるためには、ダイアトニックコードの知識が大切だということを、前回記事にしましたが、まずはその中で主和音と呼ばれるスリーコードについて説明したいと思います。

    主和音は、トニック・サブドミナントドミナントの3つから構成され、それぞれ和音の特性・進行性が異なります。

 トニック(T)は、明るい安定した響きを持ち、どのコードにも進むことができます。主に曲やフレーズのはじめと終わりに用いられるコードでもあります。

 サブドミナント(S)は、明るい響きで、トニックとドミナントの両方に進むことができます。主にドミナントを導き出して、ドミナント終止を強める働きがあります。

 ドミナント(D)は、暗い響きをもつ不安定な音で、トニックに強く惹かれる特性があります。ドミナントからトニックで曲やフレーズが終わることを、主にドミナント終止とも言います。

 それでは、この主和音を用いて、実際にある曲にコード割り当てをしてみましょう。使用する曲は「きらきら星」(Cメジャーキー)です。

    コードつけのコツは、メロディーの構成音を頭で考えるより、ハーモニーを良く聴いて、和音的にしっくりくるかどうか感性でとらえたほうが上手くいきます。

f:id:mitasyn2001:20200219073133j:plain

    割り当てたコードが上の図で、このままでも曲らしく聞こえますが、あまりにも変化が乏しいので、コードに慣れたらさらに次のステップに進むことをオススメします。

副和音での割り当て

    次に紹介するのが、副和音すなわち代理コードです。代理コードは、主和音の代わりを果たすコードのことで、トニックのCに対してはAmとEm。サブドミナントのFに対してはDm。ドミナントのGに対してはBm♭5が代わりをつとめます。では、これらのコードを用いて先程の「きらきら星」のコードを変化させてみましょう。f:id:mitasyn2001:20200219073201j:plain

 見れば分かるように、スリーコード全てを代理コードに変えられるというわけでなく、どのコードを用いるかは実際に音を鳴らして響きがふさわしいか確認する必要があります。なので、実際のコードづけの時には、ダイアトニックコード全てを弾けるようにしておいて、最も曲にふさわしいコードをつけていくのが良いかと思われます。

ノンダイアトニックコードでの割り当て

 今までは、ダイアトニックコードを用いてきましたが、ノンダイアトニックコードを使うことで、曲調や雰囲気をがらっと変えることが可能です。今回はその中で、ディミニッシュコードとセカンダリー・ドミナントコードを「きらきら星」に取りいれてみることにします。f:id:mitasyn2001:20200219073147j:plain

 C→Dmの隣接コードの間には、両コードをつなぐ経過コードであるC#dimを用い、3小節目のAmに対しては、ドミナントモーションを導くセカンダリドミナントコードを用いました。さらに、G→Cのドミナント終止の弱さを補うために、セブンスコードのG7を入れて、ドミナント終止を強めました。ここまでコードづけができたら、和音に変化が生まれ、おしゃれで飽きない雰囲気の曲にすることができると思います。ノンダイアトニックコードは他にも、sus4、aug、add、クリシェなどがあるので、気になる方はぜひ取り入れてみてください。

 

奏法

    各楽器には個性的な固有の奏法があり、楽譜上にも指示記号として登場します。ここでは、作編曲の際に知っておいてほしい基本的な奏法をご紹介します。

◯ミュート・・・トランペットなどで用いられる弱音器のことで、鋭い音色に変化させたり音量を下げたりする役割があります。

グリッサンド・・・トロンボーンやハープなどで使われる、音を区切らず流れるように上下させる奏法のことです。似たものにポルタメントがありますが、こちらはグリッサンドのように移動に対して等速ではありません。

◯ピッチカート・・・弦楽器における指で弾く奏法のことで、撥弦楽器のような丸い音色になります。

 

作編曲における小技集(TIPS)

コードパートのディビジョン

 ストリングスでコードを鳴らす場合は、一つのパートで和音を作るよりも複数のパートで和音を分けた(div.)ほうが効果的です。一般的にルートノート(root)をチェロ、トップノート(5th)をビオラ、ミドルノート(3rd)をバイオリンにあてるとハーモニーが安定するようです。

f:id:mitasyn2001:20200219150633j:plain

カットイン

 フレーズの始まりをお洒落にするためには、シンバルロールやドラムのアドリブカットイン、ハープのグリッサンドなどを入れるのが効果的です。

   下図はシンバルラインとドラムラインです。

 f:id:mitasyn2001:20200219073606j:plain

 

フレーズエンド

    フレーズエンドにお洒落なアクセントをつけるには、パッセージスケール後にコードアクセントを打ち込んだり、スネアアタックをいれるのが良いかと思われます。

    下図は上昇パッセージスケール後のコードアクセントです。

 f:id:mitasyn2001:20200219073629j:plain

コードアクセント

 メインメロディーのバックで、ストリングスやブラスを用いた鋭いアクセントフレーズを挿入することでもお洒落な演出ができます。その際のフレーズはミドルノートを重ねたドロップ2にしてください。その際、打ち込みフレーズは小節の頭か終わりにし、さらに同一リズムにすると統一感が出て良いようです。

    下図は小節のトップにストリングス(バイオリン)によるAメジャーの打ち込みアクセントフレーズを用いた例です。

f:id:mitasyn2001:20200219073658j:plain

まとめ

    いかがでしたでしょうか。作曲・編曲に使える音楽知識は今回挙げた以外にもまだまだたくさんあるので、機会があればまたまとめてみたいと思います。

    音楽理論ばかりにこだわると、オリジナリティや個性がなくなると言う人もいますが、学問というものそれ自体は人が理知的に考えやすいように考え出された便利なツールであるので、とらわれすぎない程度に学ぶ分には問題ないかと思います。むしろ、勉強するのが面倒だからという理由だけで理論を学ばないのは避けてほしいところです。

   乱筆・長文になりましたが、最後までご拝読ありがとうございました。

f:id:mitasyn2001:20190908201745p:plain

【2020冬ドラマ】「10の秘密」#06のあらすじと感想

10の秘密#06

 10年前の火事で亡くなった女性が実は殺人事件に巻き込まれていたのだということを知った圭太。当時のことを調べるうちに、事件の裏に帝東建設の存在が見え隠れすることに・・。

 登場人物のそれぞれの思惑が巧みに交錯した今回のストーリー。特に、社長に罪をなすりつけられて首を切られるであろうことを察知した宇都宮が、圭太に対して社長告発の協力を依頼するシーンや、奪われた3億円を圭太から取り戻すために娘の瞳を利用して交渉しようとする由貴子の狡猾な策略などがとても印象的であった。

 結局、娘の瞳は、由貴子が最初の誘拐事件の真犯人であることを父親の圭太から告げられ、母親の由貴子から自分のことは愛していないと告白されるのだが、その時の彼女の心境を思うととても痛ましい感慨を覚えてしまった。終盤で、「もう誰も信用できない」といった彼女のことばは、おそらく秘密を知りすぎた上に人間不信になった彼女の心情を如実に表していたのではないだろうか。

 10年前の事件と帝東建設の関係が繋がりを見せ、宇都宮が重要な鍵となっているであろうことが示唆された物語。次はいったいどんな秘密が明かされるのであろうか、消えた3億円の行方とともにますます謎が深まるばかりである。

f:id:mitasyn2001:20200219065509j:plain


  ドラマで用いられている主題歌の「モノローグ」を耳コピオーケストラアレンジしました。よろしければどうぞ。

ノローグ/秋山黄色【アレンジ】【オーケストラ】

 


ドラマ情報

「10の秘密」

フジテレビ系 毎週火曜 夜9:00~

▼公式サイト▼

主演:白河 圭太  ・・・ 向井 理

   仙台 由貴子 ・・・ 仲間 由紀恵

   白河 瞳   ・・・ 山田 杏奈

   宇都宮 竜二 ・・・ 渡部 篤郎

   石川 菜七子 ・・・ 仲 里依紗

   長沼 豊   ・・・ 佐野 史郎

   伊達 翼   ・・・ 松村 北斗(SixTONES

脚本:後藤 法子 

音楽:林 ゆうき

   橘 麻美  

主題歌:「モノローグ」/秋山 黄色(Sony Music Labels

オープニング曲:「BL」/女王蜂(Sony Music Labels

 

 

 

【編曲】【DTM】ドラマ主題歌のオーケストラアレンジと人気楽曲の吹奏楽アレンジに挑戦してみました。

 テレビ・映画などで話題の楽曲を、オーケストレーションの勉強を兼ねて編曲してみました。題材はドラマ主題歌と今人気の楽曲です。今まではオーケストラアレンジばかりでしたが、今回は吹奏楽アレンジにも挑戦しています。オーケストラアレンジで学んだことを活かしてチャレンジしてみましたが、まだまだ甘い部分が多いので、今後更に精度を高めれるようにしたいです。

 

人気の楽曲編(吹奏楽アレンジ)

パプリカ/Foorin

 レコード大賞を受賞した、子供から大人まで親しまれる歌となった曲です。ダンスパフォーマンスをYoutubeで目にすることも多いですね。吹奏楽編成なので、なるべく楽器の特性を活かせるように心がけました。

どろん/King Gnu

  映画「スマホを落としただけなのに~囚われの殺人鬼~」 の主題歌の吹奏楽アレンジです。 King Gnuは「白日」のヒットとともに、 最近人気急上昇しているアーティストでもあります。 世にも奇妙な物語のテーマと同じマイナーキーなので、どこか不気味でおどろおどろしい雰囲気が醸しでるように心がけました。新たな試みとして、転調にも挑戦しています。

ドラマ主題歌編(オーケストラアレンジ) 

はるどなり/須田影凪(「アライブ~がん専門医のカルテ~」より)

 アーティストである須田影凪は聞いたことなかったのですが、ドラマを引き立てるような美しい美声の持ち主であったこともあるので、これからの活躍に期待したいところです。

ノローグ/秋山黄色(「10の秘密」より)

     楽曲のPVを見ましたが、どこか現代風なお洒落さとセンスを感じるところがあり、米津玄師に近いものを感じました。アレンジに関しては、若干原曲をこわしてしまった感があります。

あなたがいることで/Uru(「テセウスの船」より)

    今クールのドラマの中で一番気にいった楽曲で、ドラマのラストシーンで流れるのを聞くといつも感動を覚えてしまいます。アーティストのUruはドラマ「中学聖日記」の時から注目していた歌手でもあります。

Bud Guy/ビリー・アイリッシュ(「白でも黒でもない世界で、パンダは笑う」より)

  グラミー賞を受賞したビリー・アイリッシュの名曲で、彼女の不思議な世界観と歌声には虜になる人が多いようです。今回のアレンジではフルバージョンではなく、冒頭だけのショートバージョンになっています。

【2020冬ドラマ】「テセウスの船」#05のあらすじと感想

テセウスの船#05

 由紀の助けにより当時の事件の重要な証言者が見つかるのだが、さつきの策略的な妨害によって事態は急変をみせることに・・。

 文吾の実の娘であることを世間にばらすと言って脅迫するさつきの狡猾な話術によって操作されることになる佐野鈴。自身の正体が明かされることで心を含めた周囲の人間を不幸にするであろうことを恐れる鈴の心情を利用して、まるで悪女のように威圧的に彼女を追い詰めるさつきの迫真の演技には、おぞましさを感じるくらいの恐怖を感じてしまった。

 また、証言を辞退した紀子を決して非難することなく、むしろ何かを守るために自己を犠牲にし苦しんでいた彼女に対して、慰めと感謝のことばを告げた文吾の優しさと思い遣りには強く感銘を受けてしまった。そして、そんな文吾の人間性に感化されて紀子が証言をすることを決心するストーリーにも、誰かの心が別の誰かの心を動かしうるというドラマの主題を上手く表現しているような印象を受けた。それは、赤の他人となってしまった由紀が、父親のことを救おうとする心の必死な姿と熱意に心動かされ、もう一度心に心惹かれていくという内容にも即しているようにも思えた。もちろん、物語の終盤で由紀が父親の冤罪を一緒に晴らそうと心に熱く語る、まるでかつて夫婦だった二人が交わした想い出のセリフと伏線的に重なり合うような感動シーンも見逃せないところだろう。

 事件関係者が次々と亡くなることになってしまい、真犯人は誰なのか全く分からなくなった物語。おそらくさつきが真犯人でないとは思うものの、他に誰がいるだろうかと言われると悩んでしまうくらい、ドラマのミステリアスな要素が倍増した回であった。

f:id:mitasyn2001:20200217072406j:plain

 


  ドラマで用いられている主題歌の「あなたがいることで」を耳コピオーケストラアレンジしました。よろしければどうぞ。

あなたがいることで/Uru【アレンジ】【オーケストラ】

 


ドラマ情報

テセウスの船」

TBS系 毎週日曜日 夜9:00~

▼公式サイト▼

原作:  「テセウスの船」/東元 俊哉

主演:     田村 心  ・・・ 竹内 涼真

     田村 由紀 ・・・ 上野 樹里

     佐野 和子 ・・・ 榮倉 奈々

     田村 鈴  ・・・ 貫地谷 しほり

        佐野 鈴  ・・・ 白鳥 玉季

        佐野 慎吾 ・・・ 番家 天嵩

     佐野 文吾 ・・・ 鈴木 亮平

     金丸 茂雄 ・・・ ユースケ・サンタマリア

     車椅子の男 ・・・ 安藤 政信

     木村 さつき・・・ 麻生 祐未

     長谷川 翼 ・・・ 竜星 涼

     佐々木 紀子・・・ 芦名 星

     田中 正志 ・・・ せいや霜降り明星

脚本:  高橋 麻紀

音楽:  菅野 祐悟

主題歌: 「あなたがいることで」/Uru